2020年3月2日月曜日

令和元年度 視察研修を行いました(2月4日)

    2月4日(火)に、長岡京市森林組合と合同で視察研修会を実施しました。
協議会では、先進的整備活動を行っている地域へ赴き、現地で活動する方々との意見交換や整備地の見学を通じて知識の向上を図り、西山での今後の森林整備に活かしていくために、隔年で視察研修を行っています。

    今回の視察先は、長岡京市のに隣接する大山崎町の「天王山」。
西山に隣接しており、過去には合同でイベントを実施していたこともあるため、我々にも馴染みの深い天王山ですが、現在どのような森林整備が行われているかなど、実際に山に入らないとわからないことも多く、大河ドラマの放映が始まり話題になっているこの時期に、見学をさせていただくことになりました。



    天王山では、サントリーHD(株)により天然水の森「天王山」の整備が行われています。その一つである拡大竹林の整備地では、竹を皆伐した後、シカの食害防止柵ネットを張り、その中に植樹をして二次林への転換を図っている様子を見学することができました。拡大竹林は、西山でも深刻な問題となっており、試行錯誤しながら整備を進めている最中であるため、委員の皆さんも積極的に意見交換されており、関心の高さが伺えました。


 その他にも、大山崎町が実施されている昨年度の台風被害の復旧エリアを見学しました。倒れている木を丁寧に整理することで眺望が開け、淀川の対岸まで広く見渡すことができました。エリア周辺には、山頂までの歩道があり人通りも多いということから、これから多くの人が足を止める展望スポットになりそうです。


  その他にも、KDDI(株)の整備活動の中で、伐採した竹をチップ化して作られたカブトムシの養殖場を見学しました。昨年春には約900匹もの幼虫が採れ、町内の保育所などに贈呈されたそうです。この活動は規模を拡大し、今後も継続していくということです。





このように、天王山では西山と同様に、様々な主体が連携し、課題に対して取り組んでおられることがわかりました。今回の視察研修で学んだ内容を活かし、今後の協議会事業に取り組んでいきたいと思います。

2020年2月25日火曜日

冬の森を楽しもう♪


  2月15日(土)に、「冬の森を楽しもう♪」をテーマにした今年度最後の西山ファミリー環境探検隊に参加しました。当日朝は寒かったですが、お昼になるにつれて暖かくなっていき、冬の澄んだ空気の中で自然観察をしたりバウムクーヘン作りや、カレーを食べたりと、とても楽しいイベントでした。
 朝9時30分に西山公園グリーンハウスに集合。そこから子どもの森に向かい、そこでバウムクーヘン作りの話を聞きました。バウムクーヘンはドーナツ型の完成した状態でしか見たことがなかったですが、生地の状態からだと手間ひまをかけて完成までに2時間くらいかかると聞いて驚きました。
 その後は自然観察に出発。昨年と同じくビンゴ形式の自然観察で、楽しみながら植物や生き物について学ぶことが出来ました。次にグリーンハウス前で「コブシ」の芽の話を聞きました。コブシの芽は冬の間、ふわふわした毛のコートを着て寒さをしのいでいるそうです。その後に、青い実や、鳥やキノコを発見して、次々とビンゴカードを埋めていきました。
 1時間ほど自然観察をして子どもの森に帰ると、竹の筒にバウムクーヘンが巻かれていました。完成まではもう少し時間がかかるそうで、それを大きなバウムクーヘンにするため、繰り返し生地をつけては焼き、つけては焼きを、お友達と交代しながら体験しました。バウムクーヘンの方がカレーよりも先に出来上がったので、出来立てをひと口食べました。アツアツのバウムクーヘンはサクサクしていてとても美味しかったです。
 その後、カレーも出来上がり、みんなで「いただきます」をしました。体を動かした後に外で食べるカレーはとても美味しく、シカのお肉が入っていて、普段食べたことのない味でした。
 最後に今日の自然観察を振り返って、森林整備のことや、シカやイノシシの獣害の話を聞きました。シカやイノシシが増えすぎると農作物や森林に被害が出てしまうので、適度に狩猟する必要があるんだそうです。このイベントはたくさんのボランティアさんのおかげで成り立っているということも聞きました。本当にありがとうございました。

来年度も西山ファミリー環境探検隊をよろしくお願いします。
春の回は4月25日(土)に決定です!
詳細については、4月1日号の広報長岡京や市のホームぺージ、またこのホームぺージにも掲載します。
春も西山の魅力がい〜っぱいです!ぜひご参加下さい♪


【問合せ先】
西山森林整備推進協議会(環境政策室内)
Tel:075-955-9542(直通) Fax:075-951-5410
Mail:kankyouseisaku@city.nagaokakyo.lg.jp

【冬の植物何を見つけたかな?】

【バウムクーヘン作りに挑戦】

【バウムクーヘンの完成‼︎】

【チョコバナナをぱくり】


                                                          【みんなで自然観察発表】      


2020年2月4日火曜日

第16回 里山講演会のお知らせ(長岡京市里山再生市民フォーラム)

西山協議会の参画団体である「長岡京市里山再生市民フォーラム」が
毎年「里山講演会」を開催しています。
今回のテーマは、『森林整備ゾーニング』です。
近年、航空レーザー測量により精密な地形データの取得が可能になりました。
これに植生調査の知見を組み合わすことで、森林整備へ活用することもできます。
西山における竹林と人工林に着目し、整備を進めていくべき場所や優先順位について分析した事例を
紹介します。

第16回の開催となる今回は、西山でも自然環境調査を行う(株)里と水辺研究所の赤松弘治代表を
講師に招き、講演いただきます。
講演を通じて身近な西山の自然を知り、里山保全について考えてみませんか?
みなさまのご参加、お待ちしております。

◆第16回里山講演会
 「植生調査とレーザー測量に基づいた森林整備ゾーニング」

講師:株式会社里と水辺研究所 代表取締役の赤松弘治先生
日時:令和2年3月7日(土曜日)午前10時から12時まで
場所:西代里山公園管理棟(定員50名)
入場無料、申し込み不要(当日先着)
お問合せ:長岡京市里山再生市民フォーラム 南(075)953-2853 加藤(075)951-0933





2019年12月2日月曜日

西山ふれあいワークショップ~府内産ヒノキでまな板をつくろう!~参加者募集中!

今年もやります!「西山ふれあいワークショップ」!!
今年は、京都府産のヒノキをつかってオリジナルのまな板をつくります。

長岡京市の面積の4割を占める「西山」は長岡京市の代表的な景観であり、私たちに多くの恵みを与えてくれます。
「西山ふれあいワークショップ」では、身近な西山の自然を知り、木の温もりを暮らしに取り入れるきっかけとして、府内産の木材を使ったDIYを体験していただきます。
今回のまな板づくりの講師は、京都の木を取り扱う製材業者「ホリモク㈱」さんです。
ホリモク㈱さんは、西山の森林整備で搬出した間伐材をテーブルや看板などに加工しており、長岡京市内の公共施設に木の温もりあふれる空間を提供されています。会場となる西代里山公園でも、西山の間伐材が活用されています。

「木材や山に馴染みがない!」「工具を使ったことがない!!」
そんな方でも楽しめる、初心者向けのDIYワークショップです。
府内産ヒノキで作るオリジナルのまな板を使い、日々のお料理に山のぬくもりを加えませんか

日 時:令和元年12月21日(土) 午前の部 10:30~12:00(受付 10:00~)
                  午後の部 13:30~15:00(受付 13:00~)
内 容:初心者を対象としたDIY(=日曜大工)ワークショップ
    府内産ヒノキを使ったまな板づくり(大きさ:幅380mm×奥行220mm×高さ20mm)
(糸鋸でのカット、紙やすりで磨く、オリーブオイルで塗装、はんだごてで焦がして絵や文字を書くな ど)
場 所:西代里山公園 管理棟(長岡京市奥海印寺西代6-2)
定 員:午前の部 10名程度(先着) 午後の部 10名程度(先着)
参加費:1人1,000円(材料費込) ※親子でのご参加の場合は1組で一つの作品
持ち物:汚れてもよい服装・軍手・マスク・まな板に絵を描く方は下絵
申 込:12月2日(月)~12月13日(金)までに電話、ファックス、もしくは電子メールで下記まで
[申込時の必要事項・・・氏名(児童の場合は学年も)、電話番号、住所、希望時間]
申込先:西山森林整備推進協議会 事務局(農林振興課内)
                 〒617-8501 長岡京市開田1-1-1  
電    話:955‐9687 FAX:951-5410(代表)        
メール:nourinshinkou@city.nagaokakyo.lg.jp
主 催:西山森林整備推進協議会


2019年8月23日金曜日

小泉川であ〜そぼ♪

 8月18日(日)、今年度2回目の「西山ファミリー環境探検隊」で小泉川を探検しました。

 まずは西代里山公園管理棟で、京都府立大学森林ボランティアサークル「森なかま」のお兄さんたちの竹クイズに挑戦!竹の特徴や、元気な竹林づくりに必要なことを、クイズにしながら教えてもらいました。また実演で目の前で竹を切って見せてくれました。

 その後は、お兄さんたちに竹マラカスの作り方を教えてもらって、みんなで工作をしました。竹マラカスの中には、大豆や小豆を入れます。作り終わった子どもたちから、マラカスに思い思いのイラストを描いて自分だけのマラカスを作りました。最後はみんなで「幸せなら手をたたこう」を演奏しながら歌いました。

 そのあと、春の西山ファミリー環境探検隊で植えたサツマイモが今どうなっているか、今後どんなお世話をしてあげないといけないのかを教えてもらいました。

 川遊びの注意点を聞いて、準備運動をして、いよいよ小泉川に出発。川には小魚やサワガニがいました。上流では深くなっているところがあったので、ライフジャケットを着て泳いだりしました。竹の水鉄砲で遊んだりもして、時間が経つのはあっという間でした。管理棟に戻って、よく冷えたスイカときゅうりを食べました。長岡京市で収穫できたきゅうりに、長岡京市で獲れた大豆で作ったお味噌をつけたり、いろんな種類の塩をつけたりと、とても美味しかったです。

 次回の西山ファミリー環境探検隊は10月19日(土)を予定。詳しい内容はこのホームページや市のホームページのほか、広報長岡京10月1日号に記載します。


 秋の西山も魅力がたくさん!みんなの参加待ってます。


【問合せ先】
西山森林整備推進協議会(環境政策室内)
Tel:075-955-9542(直通)      Fax:075-951-5410
Mail:kankyouseisaku@city.nagaokakyo.lg.jp

【竹クイズ】



【竹マラカス作り】



【さつまいものつる返し】



【川遊び】


【スイカときゅうりの試食】


2019年8月5日月曜日

今年の西山ふれあいワークショップは12月に開催予定です!

平成28年度から開催をはじめた「西山ふれあいワークショップ」

身近な西山の自然を知り、木のぬくもりを暮らしに取り入れるきっかけとして、間伐材を使ったDIY体験を例年8月に開催していましたが、いろいろな方にご参加いただくために、今年は12月の開催を予定しています。

今年の内容は、『ヒノキを使ったまな板づくり』です!詳細は開催時期が近づきましたらHPに更新しますので、お楽しみにしてください♪

2019年6月10日月曜日

令和元年度西山森林整備推進協議会総会を開催しました

4月24日(水)、本協議会の令和元年度総会を開催しました。
平成30年度に取り組んだ事業や、決算・監査内容を報告し、令和元年度の事業計画と予算が決まりました。

【令和元年度の主な啓発事業】
◎西山ファミリー環境探検隊
日程:4月20日(土)、8月17日(土)、10月19日(土)、2月15日(土)の計4回

◎第15回 森林ボランティア行事
日程:10月19日(土) ※西山ファミリー環境探検隊と同日開催

◎ブース出展
環境フェア・・・11月16日(土)
農業祭・・・・・・11月24日(日)

◎森林ボランティア養成講座(初級者を対象とした講座)
 日程:2月ごろ

◎西山産材を使ったワークショップ(予定)
 日程:12月ごろ

各事業の内容や詳細な日程などは、決まり次第、当HPにてお知らせしていきます。ぜひご参加ください。