2019年2月8日金曜日

第15回 里山講演会のお知らせ(主催:長岡京市里山再生市民フォーラム




西山協議会の参画団体である「里山再生市民フォーラム」が、毎年「里山講演会」を開催しています。
今回のテーマは、ズバリ『里山』。

かつて、自然を守ることは、『手を付けないこと』が最善とされていました。
一方で、里山を守るためには、『手をつけること』が必須です。
これらの違いは何なのでしょう?



古くから『里山』として、人々の暮らしと共にあった西山では、人の手入れが欠かせません。
自然とは何か、森林とは何か。
色々な生き物や植物が育つ豊かな生態系を守るために、どのような手入れが必要なのか。
西山でも自然環境調査を行う(株)里と水辺研究所の赤松弘治代表を講師に招き、講演いただきます。
講演を通じて身近な西山の自然を知り、里山保全について考えてみませんか?
みなさまのご参加、お待ちしております。

◆第15回里山講演会
 「なぜ里山を保全するには管理が必要なのか」
講師:株式会社里と水辺研究所 代表取締役の赤松弘治先生
日時:平成31年3月16日(土曜日)午前10時から12時まで
場所:西代里山公園管理棟(定員50名)
入場無料、申し込み不要(当日先着)
お問合せ:長岡京市里山再生市民フォーラム 南(075)953-2853 加藤(075)951-0933






2019年1月31日木曜日

自然の中で、山も自分もリフレッシュ!森林ボランティア養成講座 参加者募集!

西山では、豊かな自然を守り育てるために、たくさんのボランティアが森に入って活動をしています。 

「森林ボランティア養成講座」では、安全に楽しく作業するための講習のほか、実際に竹林での伐採作業を体験していただき、自然の中で作業する心地よさとやりがいを体感していただくことができます♪ 
実際にボランティアとして活躍されている方と一緒に作業していただきますので、経験がない方でも安心して参加いただけます。 

 ・森での活動でリフレッシュしたい 
 ・何か新しいことを始めたい 
 ・運動不足で体を動かしたい 
 ・仲間とつながりたい 
 ・自然が好き! 
 ・「西山」が好き!!     などなど・・・ 
ひとつでも当てはまる方、大歓迎です♪ 

たくさんの恵みや癒しを与えてくれる西山で、一緒に森づくりはじめてみませんか。


日   時:平成31年3月2日(土)
            午前9時30分~午後2時30分  
場   所:多世代交流ふれあいセンター(長岡京こらさ)、周辺の竹林 
対   象:小学生以上の人(小学生は保護者同伴)
               ★グループでの参加も歓迎★ 
持ち物:昼食、飲み物、軍手、タオル、雨具(雨ガッパ、長靴など) 

申込方法:
         2月22日(金)までに、電話・FAXまたは電子メールで事務局まで 
          申込時の必要事項は、①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤電話番号
                ※メールでのお申し込みの場合、
                   件名欄に「森林ボランティア申込」と記入してください。 
申込先:
          西山森林整備推進協議会 事務局(長岡京市農林振興課内)
                電話 075-955-9687 
                 FAX 075-951-5410 
                 メール nourinshinkou@city.nagaokakyo.lg.jp 



<竹林での伐採作業>



<竹のうつわで食べる温かい豚汁>


<竹林での交流会>



2019年1月21日月曜日

第10回長岡京市環境フェア!!(11月17日)


11月17日(土)、第10回目をむかえた「長岡京市環境フェア」で、今年も西山での活動をPRしてきました!

  協議会では、環境フェアのテーマでもある「COOL CHOICE」に賛同し、森林資源を身近に感じてもらえるような展示をおこないました。

  また、木を使ったパズル「ほん木(本気)であそぼう!動物パズル」や、毎年大好評な工作教室もあり、たくさんの人が西山に親しみを持ってもらえるようなブースをつくりました!






  パネル展示では、マイクロプラスチックの問題など、最近特に話題となっている環境問題を通じて、森林資源という身近な「選択」について考えてもらうことができました。
  また、西山フォトコンテストの応募作品の展示や、モニタリングサイト1000里地調査という西山で10年続く環境調査の展示など、西山の自然やそこで暮らすいきもの、西山にかかわるたくさんの人の想いを写真やイラスト、実際の調査員の声などと一緒に紹介させていただきました。




  西山ファミリー環境探検隊の活動や、神足小学校が取り組むどんぐり苗の栽培と植樹、西山で活動されているボランティア団体の活動写真なども展示され、西山の自然の中での活動に興味を持っていただくきっかけになったのではないでしょうか。




  ゲームコーナー「ほん木(本気)であそぼう!動物パズル」では、1ピース手のひら大ほどの大きな木を組み合わせて動物の形をつくります。ピースの数を多くしたり、はめ込み用の枠を用意したり、様々な難易度で楽しんでもらえるように、色々な動物のパズルを用意しました!
  木の柔らかな温もりに触れて、大人から子どもまで楽しく癒されてもらえるゲームでした。




  西山の木の実や葉っぱをつかった自然工作コーナーでは、木の実のブローチや押し花しおり、まつぼっくりのクリスマスツリーなど、自然の素材を存分に活かしたメニューが用意されていました!やさしく楽しいボランティアさんの指導を受け、大人から子どもまで、オリジナルの作品を集中してつくり上げていました。



  環境フェアは今年でなんと10回目!
  西山協議会では次回も、西山について楽しくわかりやすく紹介するブースを企画いたします。お楽しみに!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(◉z◉)

西山森林整備推進協議会では、今後も西山を身近に感じてもらえるようなイベントを開催していきます。
ホームページでもご案内していきますので、みなさまぜひご参加ください。


2018年12月27日木曜日

【ふるさと納税】まだ間に合う!西山の再生に力を貸してください

長岡京市の西山では、オオムラサキやカブトムシが飛び交う豊かな森を、未来の子どもたちに残していこうという趣旨で平成29年度から『西山再生プロジェクト』を実施しています。
しかし、9月に近畿地方に直撃した台風により、道の崩落や倒木などで山が荒れてしまい、被害は深刻なものとなっています。

今話題の「ふるさと納税」で、西山の再生に力を貸してください!西山を、自然を、動植物を、山歩きを愛する皆さんのご支援をどうかよろしくお願いします。 


★西山現状はこちら
⇒ http://www.city.nagaokakyo.lg.jp/0000008212.html
☆ふるさと納税は下記から簡単に申込みできます。市民の方からの気持ちも大歓迎。
https://www.city.nagaokakyo.lg.jp/cmsform/enquete.php?id=52



2018年11月20日火曜日

西山ふれあいワークショップ『西山産ヒノキでミニラックをつくろう』を開催し ました!(8月18日)


  暮らしの中で、西山の自然を感じてもらいたいという思いから、西山産の木材を使った「西山ふれあいワークショップ」を8月18日(土)西代里山公園にて開催しました。

  西山での森林整備によって搬出された間伐材を、市内の公共施設でつかわれるテーブルや、内装材に加工している製材業者「ホリモク株式会社」の佐中さんを講師にお招きして、西山産ヒノキ材をつかったミニラックづくりに挑戦していただきました。

  午前・午後の2部制で開催し、大人から子どもまで、22組52人がDIYを体験しました。

  西山森林整備推進協議会 永田事務局長から、西山の森林が持つ役割や、そこで暮らす生き物の話を聞き、それぞれ窓から見える「西山」に思いを馳せていただきました。

  森を守るためには、適度な間伐(木を伐ること)が必要であること、そして、間伐した木をつかうことが西山の豊かな自然を守ることにつながるという話があり、今回の材料であるヒノキの間伐材が持つ役割を感じていただくことができました。


  丁寧に製材されたヒノキの、いい香りに包まれて開会したワークショップ。



  木材を釘とかなづちで組み立てるという作業は、簡単そうに見えて、実はとても難しいのです。



  バランスを取りながら、まっすぐに釘を打つ姿は、大人も子どもも真剣です。
  途中で板が割れてしまい、もう一度打ち直すことになってしまった人もいましたが、みんなあきらめずに最後までやり遂げました。

  苦戦しながらも完成した作品を手にした参加者は、全員とても満足げ。自然と笑顔がこぼれます。

<午前の部>

<午後の部>



  たくさんの方に、西山の森のあたたかみを感じていただけるとても良いきっかけになりました。



  西山森林整備推進協議会では、今後も西山を身近に感じてもらえるようなイベントを開催していきます。
  ホームページでも随時更新していきますので、みなさまぜひご参加ください。



2018年10月11日木曜日

【中止のお知らせ】第3回西山ファミリー環境探検隊

10月20日(土)に予定をしておりました「第3回西山ファミリー環境探検隊」は、開催場所である西山キャンプ場が台風21号の影響により閉鎖されており、復旧の目途がたっていないため、中止とさせていただきます。

楽しみにされていた皆さまには、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

次回、第4回西山ファミリー環境探検隊は
平成31年2月16日(土)の開催を予定しております。
当HPや広報長岡京などでお知らせさせていただきます。

2018年8月27日月曜日

大阪府立茨木高校が長岡京市で竹林整備実習をおこないました!(7月12日)


西山森林整備推進協議会の構成団体でもある「NPO法人竹の学校」は、平成28年から大阪府立茨木高校の竹林整備実習の受入れを行っています。
3年目となる今年は、生徒81名で竹の伐採や搬出に取り組みました。
大阪府立茨木高校では、毎年体育祭で各組が巨大なモニュメントを製作されており、今回伐採した竹はその基礎部分として活用されます。
竹林整備実習では、混み過ぎた竹林の間伐作業として、伐り倒した竹を4メートルの長さに玉切りし、不要な枝葉を払い落としました。




玉切りした200本以上の竹は、トラックに載せられて学校に運ばれていきました。




先輩の代から続く伝統と、自分たちの手で竹林をきれいにする活動を守り続けるために尽力されている、生徒会や体育委員をはじめとした茨木高校のみなさん、
そして、実習が効率よく進むように日頃の活動の中、事前の準備をすすめてくださったNPO法人竹の学校のボランティアさん、
いろいろな方のご協力があってこそ、続けられている活動です。
竹を使うことが竹林の整備に繋がっていること、人の手が入ることで豊かな自然が守られているということ、そして身近な自然を守るために活動しているボランティアの存在を、学生という若い世代に知ってもらう大切な機会。
西山協議会としても、この活動が続けられるように今後も連携をすすめていきます。



<京都新聞に記事として取り上げていただきました!>